少年野球の子供が打てない理由と練習方法

少年野球の子供が打てない理由と練習方法
少年野球の練習や試合で打てる子供、打てない子供がやはりいると思います。

監督やコーチがその子供の為に指導しても打てない子供は出てくると思います。

そんな打てない子供への理由と練習方法を紹介したいと思います。

打てない子供がいる理由

打てない子供の理由はいくつもあり、一つには絞れませんがあえて絞るとすればメンタルだと思います。

やはり打てない子供はバッティングへの苦手意識があり、打席に立つ前から打てる気がしていないと感じます。

そういった苦手意識がある子供は監督やコーチがその子供の為に良い指導をしたとしても本人が思っていなくても聞き流している可能性があります。

これではいくら指導をしても変わらないかかなりの遅咲きになるかです。

まずはバッティングに対しての苦手意識を取り除かないといけません。

そうは言っても短時間で簡単に取り除くのは難しいと思います。

では、どうやって苦手意識を取り除くかを次の練習方法で試して見てください。

少年野球だからこその練習方法

少年野球の子供達は野球に対してまだまだ未熟です。

むしろこれから野球の面白さを味わっていき、野球にはまっていくのだと思います。

その部分を考えたら野球の面白さを伝えながら苦手意識を取り除いていく練習方法がいいと思いますのでアドバイスしたいと思います。

まずはロングティで飛距離の目標を決め、目標をクリアするまで撃ち続ける練習方法です。

飛距離の目標設定も明らかに届かない位置ではなくある程度の届く距離でいいと思います。

長々ロングティーを続けるほど子供達はバッティングにも飽きてくるからです

この目標設定をする事により、クリアしていけば自然と自分がどのレベルにいるのかがはっきりし、次の目標を決めやすくなり、バッティングへの苦手意識が取り除かれて行くと思います。

次にバッティング練習の時に監督やコーチが打ちやすいコースに投げて上げる事です。

これが一番の効果が出ると思います。

もちろん打ちやすいコースに投げ続けないといけません。

それにより自分が打てるコースが分かり、そのコースに関しては自信を持って打席に立つ事が出来ると思います。

少年野球の試合で大抵のピッチャーは同じとこに投げてくる事はないですがコントロールが良いとは限りません。

なので自分の好きなコースにボールが来る可能性が高いです。

まとめ

いかがでしょうか?

少年野球で打てない子供はやはりバッティングに自信がないからです。

苦手意識から得意まではいかなくても普通ぐらいを目指した方がいいのだと思います。

それにより、特に苦手な考えも持たずに打席に立ち、リラックスした状態でバッティングができると思います。






※上達したい野球少年や子供に野球を教える立場のコーチ・親御さんへ
>>全国大会へ導いた私の指導法を完全公開します