少年野球で初心者に教えるバッティングフォームの基本指導

コラム_R
少年野球のチームに入団してきて右も左も分からないような小学生に野球を教えるのは、とても大変なことです。

はじめのうちは、投げ方や捕球姿勢などの基本的なことやルールを覚えたりということがメインになりますが、やっぱり野球で一番楽しいと感じるのはバッティングです。

なので、ある程度チームの雰囲気や練習に慣れてきたら少しずつでもいいからバッティング練習にも参加させてあげましょう。

そのためにまずはバッティングの基本となるフォームを教えてあげなければなりません。

バッティングの基本フォームの指導

何も分からない初心者にバッティングフォームを教えるうえで、右打ちか左打ちかというのはそれほど関係ありません。

なので、ここでは割合の多い右打ちという前提で話していきたいと思います。

まず、バットを持つ時は右手と左手を離さないようにくっつけて手首が上下で重なるように持つようにさせます。

打席に立つ時は、右足を軸足として場所を決めたら踏み出す左足は身体が開かないようにピッチャーに対して真っ直ぐ置きます。

左右の足の間隔は自分の肩幅よりほんの少しだけ広めにとります。

バットの位置は、バットを持つ手が右耳の後ろあたりにくるくらいで構えると1番自然な形になると思います。

構えた時に、目線を少し落として顎を左肩につけるようにすると高めのボール球の見極めがしやすくなりボール球に手を出さないようになります。

また、その時には力まずリラックスした状態で構えるとある程度想定外のボールが来ても柔らかい対応が出来ます。

スイングの基本と素振りの大切さ

構えた時は、リラックスした状態で臨みますがスイングの時、特にボールを捉えるタイミングは思いっきり力を入れなければなりません。

振り切った後は、小さくならず大きく振り抜くように意識させましょう。

さらにアッパースイング、ダウンスイングにならないようにスイングを横から見て矯正してあげましょう。

スイングの軌道やフォームを固めるためには素振りが一番手っ取り早くあまり場所を選ばない練習方法です。

もし、全身鏡があるような室内練習場のような施設が借りれる環境にあるのであれば鏡の前で素振りをすると自分のスイングが確認できるので見てもらう必要もないかと思います。

まとめ

素振りだけでは面白くないでしょうからトスバッティングも混ぜながらフォームを固めていってあげましょう。

ある程度フォームができてきたら低学年チームでのバッティング練習にも参加させてあげましょう。

バッティング練習にも参加できるようになると練習の楽しみも増えてくることでしょう。






※上達したい野球少年や子供に野球を教える立場のコーチ・親御さんへ
>>全国大会へ導いた私の指導法を完全公開します