少年野球で基本となるバッティングフォームとは?


メジャーリーグの最多安打記録をもつイチローでさえ、シーズン打率は5割に届かず、理想のバッティングフォームを模索する姿がスポーツ番組などで紹介されていました。

バッティングには、打席に入っての構え方からステップの踏み出し、テイクバック、体重移動、スイング、フォロースルーといった一連の動きがあり、難しいのです。

少年野球をやっている小学生には、基本となるバッティングフォームを固めるために、各段階ごとの正しい動きを少しずつ時間をかけて教えることが重要です。

少年野球での成績アップにもつながる正しいバッティングフォームについて紹介します。

少年野球のバッティングフォームの基本とは?

少年野球のバッティングフォームの基本は、まず「構え」が重要で、ホームベースに正対して肩幅くらいに足を開いて少し前傾姿勢で立ち、前後左右に素早く動ける姿勢をとり、膝がつま先を超えない程度にし、スネの角度と身体の角度がほぼ平行となるように構えます。

構えた状態から、ピッチャーとのタイミングを合わせ、軸足に体重を乗せながらタメを作って踏み込むステップは、足を外側に上げず、身体が伸び上がらないように、すり足か小さく足を上げるようにします。

ステップと同時に、バットスイングを始める位置までテイクバックし、ボールを飛ばすために必要な体重移動を行いますが、支点がピッチャー側の足に移動していることに注意します。

体重移動を行ったら、体の軸がぶれないように腰を回転させ、バットをスイングするためには腕と腰の回転を利用します。

重要なことは、下半身が回転した後に上半身が回転し、最後にバットが出るというフォームにすることで、少年野球では素振りを反復します。

少年野球でバッティングフォームを指導する際には?

少年野球でバッティングフォームを指導する際には、前述したような一連の流れでポイントを押さえて、お手本となるフォームをイメージとして頭に描かせることが重要です。

バッティングフォームを構成する流れのそれぞれに、多くの注意すべき点があり、一度にそれらを習得することは不可能で、一つずつ注意点を改善するようにします。

そのため、指導者はバッティングフォームで最も大事なポイントとなる身体の中心となる軸と軸足を重点的に見守り、細かな注意点は少しずつ改善を促すような助言と指導を行います。

そして、少年野球でバッティングフォームを学ぶ小学生は、最もお手本となるプロ野球選手やチームメイトなどをお手本としたイメージトレーニングをして、素振りをするようにします。

少年野球でバッティングフォームを固めるためには?

一流の選手でも、打率3割を維持するのが難しいバッティングを、習得するためには、素振りやトスバッティング、ロングティーなどの地道な練習を積み重ねるしかありません。

とはいえ、むやみにバットを振れば良いというわけではなく、基本となるバッティングフォームを理解し、お手本となるイメージを頭に置いたうえで、その理想型に近づけるための反復練習を行います。

少年野球の指導者は、数多くあるバッティングフォームの注意点を細々と指摘するのではなく、一連の流れの中で身体の軸と軸足を崩すような点に重点を置いて、徐々に修正を促すような指導を行います。






※上達したい野球少年や子供に野球を教える立場のコーチ・親御さんへ
>>全国大会へ導いた私の指導法を完全公開します