少年野球で大事なのは練習を楽しんでもらうこと

コラム_R
野球だけに限ったことではありませんが、上手くなるためには続けることが大切です。

そして、続けていくためには子供達に野球が楽しいと思ってもらうことが必要です。

子供ですから遊びたい盛りです。周りの子は遊んでいるのになんで自分だけ土日も練習なんだろうと思う子が半分は居るんじゃないでしょうか。

僕も実際そうでした。早く辞めたい遊びたいといつも思いながら練習に行っていました。

しかし、今となっては続けていてよかったなと思えます。

子供の頃からすぐ辞める癖をつけてしまうと、これから先の人生何をしても出来ないからと投げ出してしまいやすくなります。

しかし、嫌なことを我慢すれば得られるものがある、良い事が待っているという事を経験させてあげられれば少年野球で過ごす時間が非常に有意義なものになるでしょう。

野球を続けてもらうために必要な事

野球の練習は、しんどい練習が多いし練習時間が長いです。

なので、途中で辞めてしまう子が非常に多いスポーツでもあります。せっかく少年野球を始めたのにもったいないですよね。

指導者は、練習を教えるだけではなく長く野球を続けてもらえるような練習の仕方を考えなければなりません。

練習がしんどいから辞めてしまう子がたくさんいますが、練習がしんどいだけのものになっていませんか?

毎日、鬼のように目をギラギラさせて練習中に一切笑わないような指導者になっていませんか?

しんどい練習でも指導者が冗談を交えながらやるしんどい練習なら子供達はついてきてくれます。

もちろんどの練習でもというわけではありません。

個人ノックや冬の長距離走など特にしんどい練習で子供達の心が折れそうになった時、ユーモアのある冗談を飛ばしてあげましょう。選手が俯かないように励ましてあげましょう。

普段そんなこと言わない指導者がそういう事を言ってくれるというのは子供達にとったら救いです。

出来る事を増やしていく

練習がしんどいから辞めるという理由以外に子供達が野球を辞める理由に自分が下手だからというものもあります。

おそらく集団での活動での初めての挫折を味わうときではないでしょうか。ここで耐えられるかどうかが、その子のその後の人生を左右してしまいます。

そこで大事になってくるのが、出来ることを増やしてあげることです。

バントでも正確な送球でも何でもいいので、一つずつでもいいから出来ることを増やしてあげるようにしましょう。

何も出来ないとやっていても面白くありません。我慢することの大切さを説きながら、何か出来そうなことから教えていきましょう。

まとめ

僕は、指導者の間で役割分担をするというのも一つの手段だと思います。

怒る人がいれば笑顔にさせてくれる人もいる。

一人が何役もこなさなくても指導者同士で協力して役割を全うしていけば苦しい練習もみんなで有意義なものに変えていけると思います。






※上達したい野球少年や子供に野球を教える立場のコーチ・親御さんへ
>>全国大会へ導いた私の指導法を完全公開します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする