少年野球のコーチに求められる教え方とは?必要なことは?


プロ野球チームには、チームの全体を統括する監督をはじめ、ピッチングコーチ、バッティングコーチ、守備コーチなどが存在します。

少年野球チームでは、チームを統括する監督と野球の技術的な指導にあたるコーチがあり、チームによっては監督とコーチを兼任する場合もあります。

肉体的にも精神的にも成長過程にある少年野球に参加する小学生は、ひと学年違うだけでも、心身の状態が違い、同じ年齢の子供でも、それぞれに違いがみられ、指導は容易なことではありません。

少年野球のコーチに求められる教え方や必要とされる考え方などを紹介します。

少年野球でコーチが選手に技術を伝える教え方には?

少年野球で選手に技術を教えるコーチには、子供に直接指導する教え方、子供達と一緒に練習しながら指導する教え方、選手たちを遠目に見ながら必要があるときに近づいて叱咤激励する教え方といったやり方が考えられます。

複数のコーチがいる場合には、それぞれの教え方の役割を分担し、適切なタイミングで選手たちに必要な指導にあたるようにし、コーチ同士の意志と指示を統一させておくことが重要です。

一人のコーチで選手たちの練習を指導する場合には、これらの教え方を練習の内容に合わせて使い分けるようにすべきです。

少年野球に参加する小学生の年齢では、多くの指導内容を一度に伝えられるとパニックを起こしやすいため、ひとつずつ問題点を解決できるような教え方を心がけ、技術の向上には時間をかけて取り組みましょう。

少年野球の選手の技量を向上させるための教え方には?

少年野球の練習をする選手の技量を向上させるための教え方には、次のような段階を踏んだ指導が必要と考えられます。

選手の練習の状態をしっかりと観察し、選手本人が気づいていない体の状態、例えば、肘が下がっているとか、バットを構える位置が低いとか、わかりやすい言葉で説明します。

次に、問題点である状態をどうやったら解決できるかを、具体的な動きや言葉で伝えるという指導の方法があります。

もう一つは、問題となっている体の使い方や道具の使い方の原因を説明し、改善するためのいくつかの練習方法が示してあげる教え方もあります。

いずれの教え方を選択するかは、指導する選手の状態をコーチが判断し、指導にあたる選手に考える余地を与えることが大切です。

少年野球に参加する選手たちは、中学や高校と野球人生を継続する場合も多く、コーチは選手たちの未来につながるような指導を模索すべきです。

少年野球を指導するコーチに求められる教え方

少年野球を指導するコーチに求められる教え方には、教える子供の体や心の状態を把握したうえで、適切なタイミングで一つ一つ問題点を解消するような指導をします。

コーチ自身の理想とする技術的な形を持ちながら、選手たちのそれぞれに適したプレーの技術をわかりやすく伝えることが重要ですが、お仕着せの指導にならないように注意します。






※上達したい野球少年や子供に野球を教える立場のコーチ・親御さんへ
>>全国大会へ導いた私の指導法を完全公開します