少年野球で打てない理由は?どう練習すれば良いの?


少年野球の試合に出場した選手は平等に打席に入ることができますが、快音を響かせる選手もいれば、まったく打てない選手もいます。

チーム内でレギュラー選手に選ばれる技量を持っていても、実戦でピッチャーに対峙すると練習とは違い、打てないのはなぜでしょうか?

プロ野球の選手でさえ、シーズン中に打てない理由を解明できずに苦悩する姿がスポーツニュースなどでも伝えられるほど、バッティングは難しいのです。

少年野球で打てない理由と打てるための練習をいかにすべきかを紹介します。

少年野球で打てない理由は何が?

少年野球で真面目に素振りを重ねた選手が、試合で打てない理由には、素振りと実際の試合でのスイングが違うためではないかと考えられます。

空間認識能力と複数の行動を連動させることが苦手な子供にとっては、素振りがうまくできても、毎回違うピッチャーが投げるボールにタイミングを合わせて、ミートさせるバッティングのスイングは難しいのです。

基本を押さえた素振りを繰り返し練習しながらも、素振りではピッチャーの動きや球種の違うタイミングの取り方の練習はできていません。

そのため、ボールをバットに当てるミートポイントが分からずに理想となるスイングだけを練習していると、ピッチャーが投げるボールにはタイミングがあわず、打てないのです。

少年野球で打てない理由を解決するための練習には?

バッティングの基本となる構えから、体重移動とバットスイング、フォロースルーといった理想形を身に付けるための素振りだけでは、実際のピッチャーのボールを打てない理由が、前述のように、タイミングの取り方とミートポイントにあると考えられます。

それらを解消するためには、シートバッティングやバッティングマシンを活用した練習によって、自分なりのタイミングの取り方を覚えるのが有効です。

その際、ボールをバットで打つミートポイントを、どこに置くべきかを意識した練習が大切です。

つまり、バットを振り始めるタイミングを、ピッチャーのどの動作と連動させるか、素振りの練習に加え、ミートポイントを意識した素振りと実際のボールを打つ練習をすることが重要です。

少年野球で打てない理由は、タイミングとミートポイント?

少年野球で打てない理由は、実際のピッチャーが投げるモーションとボールのスピードや球種の違いによって打つタイミングが合わない二つが挙げられます。

また、少年野球で打てない子供の多くが、バットとボールが当たるミートポイントを意識していないことも原因と考えられます。

これらの打てない理由を解決するためには、理想のバッティングを身につけるための素振りに加え、シートバッティングやマシンを利用して投げられたボールの捉え方を身につける練習が効果的です。






※上達したい野球少年や子供に野球を教える立場のコーチ・親御さんへ
>>全国大会へ導いた私の指導法を完全公開します