少年野球でバッティングレベルの向上には下半身の鍛錬が重要です。

打撃・バッティング練習メニューと指導法_R
少年野球に精を出す球児の大半が、バッティング練習を最も好きな練習だと答えると思います。

指導する側からしても、生き生きと楽しそうにバッティング練習をする球児達のプレーを見るのは気持ちの良いものです。

将来はプロの道へ進みたいと考えている子供たちも何人もいるでしょう。

ここで、我々指導する立場の人間としては、将来につながるような指導をする必要があると思います。間違っても、修正するのに苦労するような癖がつかないようにしたいものです。

将来に繋がる最も効果的な指導は、下半身の使い方だと思います。

少年野球の頃から下半身を確り使ったバッティングが出来ている子供は少ないと思います。

少年野球出身者で、中学へと進学した後にバッティングフォームをみっちり修正される人は意外と多いのです。

もし、少年野球のときから、下半身を使った確りしたバッティングフォームを身につけることができれば、彼らにとってのアドバンテージになると思います。

同様に重要なのが走り込みだと考えます。彼らが筋力トレーニングを行ったとしても、まだそれほど筋力アップは期待できませんが、走り込みによる筋力以外に与える効果は絶大だと思います。

走り込みを行うことで、明らかに身体の軸が確りしてきます。そうすると、バッティング時においては、タイミングをとる際に下半身からどっしり構えることができ、身体のブレが少なくなりますし、スイングの際のふらつきも減ります。

バッティング時におけるこうしたブレやふらつきは、結果におおいに影響をしてくるので、これは極めて重要なことだと思います。

バッティングのみならず、ボールを投げる際にも身体の軸は重要な役割を担います。少年野球において、走り込みは最も重要な練習かもしれません。

但し、注意しておかなくてはならないのは、球児たちは総じて走り込みを嫌います。

また、やりすぎても疲れるだけなので、適度な負荷で行うのがよいと思います。

彼らのモチベーションを落とすことなく、いかに走らせることが出来るかが少年野球指導者に求められる技量の1つではないでしょうか。






※上達したい野球少年や子供に野球を教える立場のコーチ・親御さんへ
>>全国大会へ導いた私の指導法を完全公開します