少年野球のバッティングが向上する練習メニュー

少年野球のバッティングが向上する練習メニュー
少年野球の監督やコーチが割と悩むであろうバッティングレベルの向上だと思います。

バッティングはよく水物と言われますがその通りだと思います。

いくらバッティング良いチームであっても打てない日は打てないものです。

それを少しでも改善できたらいいと思いますよね?

今回はその水物であるバッティングを向上させる為の練習メニューをアドバイスしたいと思います。

バッティングがなぜ水物になるのか?

なぜ水物になるのかを考えた事はありますか?

少年野球で考えられるのはその日の子供達の体調や精神状態、相手チームのピッチャーの調子の良さと様々な要因があると思います。

その中で私が重要だと思う原因はバッティング技術よりも子供達の精神状態だと思います。

やはり、まだまだ未熟な少年野球の子供達だと精神状態が良くないとバッティングへのスイングに影響が出たり、ボールに集中せずに打席に入ったりとどんどん悪い方向へ流れが行ってしまいます。

これではいくら技術があっても力を発揮できません。

この原因を打破する為の練習メニューをご紹介したいと思います。

バッティングが向上する練習メニュー

早速ですがゲーム性がある練習メニューをご紹介したいと思います。

まずは二つのチームに分け、対戦させます。

ルールは監督やコーチがゆっくり投げ、好きなように打たせ、連続で塁に出なかったら交代です。

そして点を多く取った方が勝ちとなります。

これを1時間30分以内の時間制限ありでの練習にします。

このルールにより、打者の集中力アップとチームの流れを崩さないように打つ精神状態を覚えさせる事ができます。

ちなみに守備も出塁させないようにボールに対する集中力アップが期待できます。

結果、打者が次の打者へと繋ぐ意識が芽生え、打ってやるという積極性ある精神状態が確立できます。

もちろんですが監督やコーチはピッチャーなのでヒットを打たせてあげる事が必要になってくるので子供達の好きなコースに投げてあげると自分がヒットを打てるコースを理解し、いくら良いピッチャーでもヒットを打てる自信が付いてくると思います。

それにより、良い精神状態で試合に臨み、水物のバッティングではなくなると思います。

まとめ

今回のバッティングの向上させる練習メニューをご紹介しましたがもう1点だけ監督やコーチにアドバイスがあります。

それは少年野球だからこそ必要な試合前の声かけです。

やはり、試合となると打たないといけないという精神状態と緊張という精神状態が混ざり、空回りする事があると思われます。

この精神状態を軽減させる為に必要な言葉をご紹介します。

それは「試合の前半は好きなコースで好きなように打て」です。

この言葉を掛ける事により、子供達は好きなようにしていいんだというリラックスした精神状態が芽生え、積極的に振って行くでしょう。

ぜひ声かけも忘れずに。






※上達したい野球少年や子供に野球を教える立場のコーチ・親御さんへ
>>全国大会へ導いた私の指導法を完全公開します