少年野球の練習メニューは?練習方法は?指導のあり方は?


王選手や長島選手をはじめとした巨人や阪神といったプロ野球に憧れを抱き、少年野球チームに所属する少年たちがあふれた昭和40年代以降の世代と、現在の少年野球に所属する少年たちの環境は様変わりしています。

少年野球には、基礎となる練習メニューから上達するために必要な練習まで数多くの事をトレーニングする必要があり、独学には限界があり、少年野球の監督やコーチの指導が重要です。

昔は当たり前だった練習方法や指導方法が、現在では非常識なものとなっていたり、色々なトレーニングが研究され、日々進化しています。

現在と昔の少年野球を取り巻く環境、練習方法、指導の違いと練習メニューなどを紹介します。

少年野球の練習メニューには?練習方法は?

少年野球の練習には、日頃のチームでの練習と各選手が各家庭で行なっている個人練習のふたつがあり、ここでは、チーム練習について紹介します。

通常の一般的な練習メニューとして、ランニングと体操とダッシュの三つをセットとしたウォーミングアップからはじめ、キャッチボール、バント練習、シートノック、バッティング練習や紅白戦、ベースランニングといったことがあります。

それぞれの練習メニューで、指導者が選手たちの状況を的確に判断しながら、適切な助言と指示をすることが重要で、子供たちの怪我や事故につながることを防ぐ役目にもなります。

少年野球に所属する子どもの年齢によって、集中力が持続する時間も違い、少年野球に必要な技術を習得するための練習方法を、指導者が多くの種類を知っておき、子供達に単調な練習をさせず、集中した効率的な練習となる工夫が必要です。

少年野球を指導する監督やコーチが気をつけるべきは?

少年野球で試合の勝利を目的として日々練習するチームが大半だと思いますが、少年野球では心身の鍛錬、集団生活や礼儀といった人との関わり方を学ぶ教育的な部分も多く占めています。

今から30年ほど前の少年野球では、近所のおじさんたちが子供と遊びながら面倒をみる程度の認識で運営が行われていたチームも多く、練習メニューや練習方法にも、それまで踏襲されたやり方を繰り返し、根性論を押し付ける指導も横行していました。

しかしながら、少子高齢化が進み、サッカー人気の高まりから野球人気が陰りをみせる中、地方の小学校などでは少年野球のチームが編成できなくなる地区があらわれる現状では、少年野球の指導者は、練習メニューの構成や練習方法についても、進化した指導法を吸収し取り入れることが求められます。

また、少子化が進行した昨今の状況から、少年野球の練習にも親の見学が増え、指導者である監督やコーチには、所属する選手たちの親とのコミュニケーションも重要となっています。

少年野球の練習メニューには、指導者の工夫が必要

少年野球のチームが日々行うウォーミングアップから、キャッチボール、シートノック、バッティング練習などの練習メニューとそれぞれの練習方法には、選手それぞれの状況に合わせた助言や指導が、上達するうえで重要です。

大人とは違い反復練習に対する集中力が持続しない子どもたちのやる気を維持させ、限られた時間の中での練習効果を上げるためには、効果的な練習方法を選択し、切り替えることが監督やコーチの指導力ともいえます。

少年野球の指導者は、昔の練習方法に執着することなく、常に新しい練習方法や指導法を研究する必要があり、新しい情報にアンテナを張っておくことを求められます。






※上達したい野球少年や子供に野球を教える立場のコーチ・親御さんへ
>>全国大会へ導いた私の指導法を完全公開します