少年野球でバッティングが苦手な子のバッティング法を考える

打撃・バッティング練習メニューと指導法_R
少年野球を指導しているとつくづく皆バッティングが好きだなあと思うことが多々あります。

しかし、なかにはバッティングが苦手であまり好きではないという子もいるのが現実です。

では、そういった子にバッティングを好きになってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?

バッティングが苦手な子向けのバッティング指導方法

バッティングが苦手な子の特徴としてボールを飛ばす力が無い、ボールを芯で捉えられないといったものが挙げられます。

ただ、非力でボールが外野まで飛ばすのが精一杯というような子はバットを拳一つ分余らせて持たせましょう。

バットを短く持つだけでスイングスピードが速くなります。

しかし、バットを短く持つことで外角のコースにバットが届かなくなります。

なので、バットを短く持たせるのであればホームベースに近づいて立たせましょう。

そうすると今度は、内角を打つのに窮屈になるのでないかという問題が発生します。

ですが、スイングスピードを上げるためにバットを短く持っていますので内角へはいつもよりバットを少し早めに出すことで対応できるのではないかと思います。

それにベースの近くに立つことで、ピッチャーからしてもデットボールが強いため内角へは投げづらいはずです。

ボールを芯で捉えるのが苦手という子への指導は大変難しいですが、そういった子の特徴としてスイングが定まっていないということが挙げられるのではないでしょうか。

つまり振り込みが足りないためフォームが固まっていないのです。

スイングの軌道がバラバラだと自分の思い描いたミートポイントと実際のポイントがズレてしまいます。

そのためにスイングを固める必要があるのです。

スモールベースボールのススメ

バッティングが苦手な子が一人や二人ならそれほど苦になりませんが、それがチーム全体でそういったレベルだとすごく大変です。

そこまで深刻だと逆にスモールベースボールを目指した方が得点の機会も増えるのではないでしょうか。

セーフティーバントや内野安打での出塁を目指し、バントやエンドランでランナーを進め、内野ゴロやスクイズで得点する方法です。

野球というスポーツは別にヒットや外野フライが打てなくても得点は入ります。

そのため、バッティング練習の際はバッティングではなくバントや凡打でもいいから狙い打ちをする練習をさせましょう。

小学生の間の短い期間でいきなり打てるようにはなりませんからその子の強みを一つでも作ってあげることがその子の将来を作ることに繋がるのです。

まとめ

バッティングというのは、コツさえつかめば覚醒する可能性があります。

なので、諦めずにコツコツと色々な方法を試していくうちに自分の形を見つけられることを信じて根気強く指導していきましょう。






※上達したい野球少年や子供に野球を教える立場のコーチ・親御さんへ
>>全国大会へ導いた私の指導法を完全公開します